うつ病に悩まない|辛い時は甘えて助けを求めること

その症状もしかしたら、うつ病かもしれません

完治できる病気

病院

自律神経失調症はうつ病に発展する可能性が高く、その症状は日常生活に支障をきたします。そのため、放置せずに心療内科や精神科に行くことが大切です。治療としては精神療法や薬物療法がとれられることが多いでしょう。また医師から処方される内服薬は、徐々に効き目が表れる点が特徴です。

Read More..

気力が低下する病

男の人

うつ病は環境や気質など様々な要素によって発症する気分障害です。こうした病気を治療したい場合は、カウンセリングや病院に足を運びましょう。うつ病治療のために病院に行く際は患者さんと相性の良い医師がいる場所を探しましょう。

Read More..

症状は人それぞれ

ナース

自己判断はしないで

うつ病の症状は人それぞれです。症状を自己判断することは非常に難しいことです。もし、身体の疲れや精神的な疲れを慢性的に抱えているのであれば、早い段階で精神科や心療内科を受診してみてください。うつ病の症状は軽い人もいれば、入院しなければならないようなひどい症状の人もいます。軽い症状の人は甘くみてしまいがちですが、決して大丈夫だろうという自己判断をしないでください。その他の病気でも同じことが言えますが、軽い症状を放っておいて、気づいた時には取り返しのつかない状態にまで悪化していることは少なくありません。うつ病の症状を放っておいた場合、他の病気も併発することが少なくないからです。軽い症状の時に、しっかりと治療していれば、大事にもならず比較的短い期間で完治することが出来ます。通院治療だけで完治することも可能でしょうし、軽い薬の服薬だけで完治することもできます。うつ病は自身で気がついても、なかなか受け入れることが難しい病気です。また自身の気の持ちようで治せると勘違いしている人もいます。しかし、うつ病を自分ひとりの力で治すことはできません。うつ病は心の弱さでなる病気ではありません。周りの環境が影響していることがほとんどです。ですから、環境を変えたり時には薬に頼ったりして治療していく必要があるのです。また、周りの協力も必要であり、特に専門的な知識を持った病院の先生の力を借りることで、効率的に治療が出来るのです。人の力を借りることは、全く恥ずかしいことではありません。

家族の力

専門的な知識を持った病院の先生の力はとても有効ですが、もう一つ大きな影響を与えることが出来るのが、家族の力です。これは、時として病院の先生よりも大きな影響を与える力があります。もちろん、家族の影響は患者にとってマイナスにもプラスにもなります。うつ病の患者をもつ家族もまた、大きな覚悟が必要になります。本人が自らうつ病であると自覚している場合はそれほどではないかもしれませんが、自覚していない患者を病院で受診させることは、とてもつらく難しいことだからです。自分自身で受け入れにくい病気であるうつ病を、出来るだけ早く見つけるためには、家族の目はとても有効です。いつも元気がない、食欲がなくなった、目に見えて体重が落ちるもしくは増える、顔色が常に悪いなど、家族だからこそ気付くことのできる症状があります。家族の中で、もしこれらの症状を抱えている人がいた場合は、まずしっかりと話を聞いてあげてください。現在のその人を取り巻く環境や職場や学校でのストレスなど、何かしらの原因が見えてくるはずです。このように、家族が話を聞いてくれる、もしくは環境に変化をもたらしてくれるだけでうつ病の症状は緩和されることも珍しくありません。これが小さいお子様などであれば、特に、環境の変化だけでよくなることも多いのです。もちろん、家族の力ではどうすることもできない原因も多々あります。そうした場合には迷わず、一緒に専門病院を受診してあげてください。早め早めの対応が大切です。

ストレスが原因の一つです

診察

うつ病は環境の変化によって引き起こされる可能性が高まります。もしも周囲で環境が変化して、睡眠・食事などに変化がある場合は発病している可能性もあります。会社と家庭で連携して対処することが大切となってきます。

Read More..